コピー書いてます?

友人の子は小学生三年生。近頃講義参観があったそうです。友だちにその参観の評価を聞くと、金字塔気になったのが、誠に担任の教員の記事の「不向きさ」だったというのです。
その教員は若々しい紳士の教員で、言いつけ奴は神経質、子どもたちへの接し方にも好感が持てたそうです。ただ、「黒板のワードがねぇ…子みたいなワードだった」という面持ちを曇らせました。
考えてみると、自分が小学生の時の教員は、全部ワードが利口だったなぁと思いました。警報一般の記述やお便りも手書きでしたが、読みづらいと感じたことはなかったです。
ワードが不向きと言われてしまった教員も、カレッジ卒業後、取り入れチャレンジに上出来して教員になったのでしょうから、まじめに生徒生活を送ってきた青年ですと思います。
も、端末やスマフォの時代になり、記事を書く景色が収まり、邦人の「きれいな記事を書く」というキャパシティーが低下しているのかもしれないと思いました。使わない実力は何より下がるのではないでしょうか。
この間美少年タレントがクイズプログラムに登場やるのを見たケース、返信の記事が不向きでがっかりしたのを思い出しました。取り敢えず、どういう記事を書くかというのは、その人の傾向を少なからず左右しますね。
達筆とまではいかなくても、読みやすく整ったワードが書くことは、大人として身につけたい対応の一つだと思いました。